・青色申告マップとは
個人事業主系青年の話を集めたマップです。
2018年のテキレボ7内の有志企画です!

・実際に青色申告をしている必要はありません(白色でも脱税でも)
・現代日本が舞台でなくても構いません。異世界、時代ものどんとこい
・魔王も個人事業主だとかなんとか
・青年の範囲は、一説によると39歳までらしい。
・お仕事小説である必要はありません。
・本人に個人事業主である自覚があるかどうかは問いません
・生活能力がないとなお良いです(主催の趣味です)
ハッシュタグは「#青色申告マップ」

参加者リスト→「青色申告マップ参加者リスト」

・やること
有料無料、小説漫画表現形式問わず、個人事業主系青年がでてくる話を集めて、紹介ペーパー(無料配布)を作成。
それを持ってサークルをめぐりながら、
「あなたも個人事業主系青年好きなんですねー、わたしもなんですー」「萌えすよねー!」って言い合う。
もしくは、ながめて家でにやにやする。とかそんな感じ。

・一般参加者の参加資格
特にありません。
個人事業主系青年が好きでもそこまでじゃなくても!
当日まで、こちらのページで情報は随時更新していきます。
また、主催サークル内やチラシ置き場なのに無料配布の形でマップを置いておくので、
適宜持って行ってもらい、サークルめぐりの参考にしてください。

・サークル参加資格
テキレボにサークル参加していること。
委託参加の方は、帯などに「青色申告マップ参加作品です!」と書いていただければOKです。
(直参の方も書いてもらった方がいいのですが、委託の方は口頭で説明できないため必須で)
個人事業主系青年に関係するなにかを一つでも出していること。
あなたが個人事業主系青年作品だと思えばそれは個人事業主系青年作品です!自己判断にお任せします!

*注意*
無料配布なのをいいことに主催はスペースを留守にして買い物に行くタイプです。
そこのところ、ご了承ください。

・主催がやること
参加者の情報をweb上にまとめる
→当日、印刷したものをスペースないで配る
以上!
チラシをお持ちの方に何か特典〜的なのは、参加者の方で好きに企画していただければいいかな、とか思っています。

・当日の流れ
基本:主催ブースの方で、マップを配布します。
参加者の方で「うちのブースでも配ってもいいよー」という方は、
当日主催ブースまで取りにきていただけたらと思っています。
それを持って個人事業主系青年好きさん、あるいは予備軍の方がうろうろブースまわって、
買い逃すことなく個人事業主系青年ものを集めるといったイメージです。

・現在募集中のもの
2018.7.16 第7回Text-Revolutions(締め切り2018.7.1)
お申し込みはこちらのメルフォからどうぞ

今回は作品(本)単位での登録になります!
1サークルいくつでも登録可(シリーズはまとめて欲しいですが)
複数ある場合は一つずつ送信をお願いします

ブースナンバー発表前は、当該欄に「未定」とでもご記入の上、送信ください。
締め切りまでは内容の編集が可能です。メルフォやツイッターなどでご連絡ください。
分かり次第、ご連絡いただければ幸いです。

ブース番号からカタログへ飛べるようにします(希望者のみ)。
ご希望の方は、該当欄にご記入ください。
今のところ、ブース番号はご連絡いただかなくても勝手に入れていますが、カタログへのリンクはご連絡がない限り入れません。


ご質問などは、ツイッター@kmaanaか、freedom@tg.lolipop.jpまでお願いします。
土日にならないとメールは連絡ないかもしれません。気長におまちください。
*ツイッターアカウントある方は、できるだけツイッターでご連絡ください。


・Q&A
Q.「そんなに個人事業主系青年が好きってわけじゃないけど、個人事業主系青年でてくる話はあるよ。参加していい?」
A.主催が「個人事業主系青年の話だー!!わーい!」というテンションで感想を書くことを許容していただけるかどうかがむしろ問題です。
それでも大丈夫なら、ウェルカムです。
大丈夫、そんなに個人事業主系青年が好きじゃなくても個人事業主系青年がでてくる話があるなら個人事業主系青年好きにこれからなれますよ(?)

Q.「R18だったりBL、GLだったり、読むひと選ぶかなーって感じなだけど」
A.参加PR文にその旨記載していただければ大丈夫です!

基本的に、あなたが個人事業主系青年だと思えばそれは個人事業主系青年です!!
迷うぐらいならさっくっとお申し込みいただいちゃって大丈夫です。それは変身ヒーローヒロインです。

Q.「個人事業主青年の話の何がいいの?」
A.あくまでも個人の主観ですが。
個人事業主系青年の話(生活能力がないとなお良い)の何がいいかって、若くして就職という道ではなく独立を選んだところですよ。
それでなんとか成り立ってるということはそれなりに優秀で。とはいえ、出来なかったのかしなかったのか、どちらにしろ就職しなかった点に人間的難がありそうなところ!
若くして個人で仕事をしていく有能さはあるんだけどなんかどっかかけてるっていうか、そういうのがみたい!!
そして、そんな私の好みとは関係なく、とりあえずひろく、個人事業主系青年の話を寄越せ!ということだ。実はそこかしこにいるだろ、待ってるぞ!みたいなことです。


ということでざっくりですが、以上! よろしくお願いします!